英語版「共通点を探せ!」の「Spot the common」

スマホアプリ版はNTTドコモのコンテストでグランプリも取った「共通点を探せ!」の英語版を公開しました。


http://english.vexil.jp

「Spot the common」というサイト名にしましたが、正確には「Spot the point in common」かもしれません。

よく似た2つの絵を見比べて間違い探しするクイズとは逆に、異なる絵から共通点を探す脳トレクイズです。

PCブラウザだけでなく、スマホブラウザでもお楽しみ下さい。

スクロール間違い探し「ZEXIO」をHTML5に

間違い探し脳トレクイズ「Zexio.net(ゼクシオ・ドット・ネット)」をバージョンアップしました。


http://zexio.vixar.jp

画像が左右にスクロールして、画面から見えなくなったところで1箇所変化があるので、それを探す間違い探しゲームです。

以前はFlashで作っていたのですが、廃れてきたので、今回HTML5+JavaScript+cssで作り直しました。

ポエム「天国への階段」のホームページ

「天国への階段」という詩を考えたので、1ページだけですが詞を表現したインタラクティブなWebサイトを公開しました。


http://stairway.vixar.jp

悪人が地獄に堕ちるぐらいなら天国への階段を上ってやろう、と企む、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」にインスパイアされてポエムを考えました。

天国から落ちるところまでプレイして欲しいです。

大西武のプロフィールのサイト公開

このブログなど50サイト以上を運営する作者「大西 武」のプロフィールを紹介するサイトを公開しました。


http://profile.vixar.jp

ホームページを作るたびにプロフィールを書くのが面倒になったので、今後はこのサイトにリンクします。

Webサイト「Xamarin研究所」公開

Xamarin.Formsなどを解説する「Xamarin研究所」を開設しました。


http://xamarin.vixar.jp/

XamarinはiOS・Android・Windowsでスマホ向けなどにC#言語でクロスプラットフォームできる最新技術です。

XamarinではCocosSharpなどでゲームも作れますが、ツールを作るならゲームのように画像やサウンドの素材アセットがなくてもUIだけでアプリを完成させられるのがオールインワンでいいですね。

まだWebデザインは暫定的にこのようにシンプルなままです。

3D-Quiz.com英語版

1つの3Dシーンを別々のカメラアングルから見て間違い探しする「3Dクイズ.com」の英語版もあります。


http://english.3d-quiz.com

FWA(Favourite Website Awards)に審査依頼したら採用はされなかったけど、しばらくリンクしてくれて英語圏の人にもちょっとプレイしてもらえたと思います。

3Dツールの「ビクサー」、2Dツールの「ソフトウェア研究所」

以前までオリジナルのWindows用3D・2Dツールを公開していたVIXARから、2Dツールだけ「ソフトウェア研究所」に移転しました。


http://software.vixar.jp

でも元々VIXARは3Dがメインのサイトだったので、2Dツールはあまりパッとしません。

何でもあるホームページだと、訪問客が何のサイトかわかりにくいかな?と思ってジャンル別にホームページを分けて来ました。

本当はたくさんのコンテンツを作るより、優れた1つのコンテンツを徹底的にブラッシュアップできたほうがいいとは思いますが。

オリジナルの絵・音楽「Vixar Art」

以前まで「ビクサー」のWebサイトで公開していたオリジナルの3DCGの絵やmp3の歌やmidiの曲や歌詞を「ビクサーアート」のホームページに移転しました。


http://art.vixar.jp/

たくさんホームページを増やすために、テーマごとにホームページを分割していってます。
そうすることで何でもあるホームページでは訪問者が何のサイトか混乱するところ、それを回避できてホームページのテーマがはっきりしました。
さらにシンプルな構成になって検索エンジンがテーマを理解してくれてSEO対策になるんじゃないでしょうか?