Xamarin.Formsで作ったiOSゲームで初めてappStoreに登録された

screen322x572

OSX版の「Xamarin Studio」で作ったiOSアプリ「UIゲーム」をiTunes Storeに登録しました。
https://itunes.apple.com/us/app/uigemu/id1138941515?l=ja&ls=1&mt=8

以前音だけのゲームが審査でリジェクトされたので、今回は絵が全く無い(ただしアイコン画像はあり)ゲームなのでリジェクトされるかもしれないと覚悟していました。
ゲームの内容は、Xamarin.FormsのUIパーツだけを使ったクイズに似たゲームです。
「スイッチUIをOffにしろ」など操作する命令が出されるので、全ての指令を操作し終わるのにかかった時間を競います。

またもちろんXamarinはクロスプラットフォームなので、Android版「UIゲーム」もGoogle Playに登録しています。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.roxiga.uigame

Xamarin.Formsの機能だけで作って、それを入門書で解説するために作ったミニゲームです。なのであまり面白くはないですが、読者が参考になる技術を解説するように編集者には言われるので。
ところでXamarinStudioからはValidationに失敗しました。そこでXcodeのOrganizerを使ったら正常にアップロード完了しました。

C#言語でスマホアプリ開発はUnityとXamarinで

シンプルなのにパワフルで人気のプログラミング言語「C#」を使って、iOSやAndroidやWindowsとの間でクロスプラットフォームするIDE(統合開発環境)を紹介します。

■2Dや3Dゲームを作るならゲームエンジン「Unity(ユニティ)」がオススメです。
http://unity3d.com/jp/
10万ドル未満の収入の個人でも会社でも無料版が使えます。
Windows版とMac版があります。

■ツールを作るなら「Xamarin(ザマリン)」がお勧めです。
https://www.xamarin.com
個人か、年商100万ドル未満の会社なら無料版が使えます。
Windows版とMac版があります。

どちらもC#言語も使えて、無料プランがあるのが嬉しいですね。

iOS・OSXサイト「Cyberdelia.net」の英語版

OSX上で作った、iOSアプリ、iBooks電子書籍、OSXアプリがダウンロードできるホームページ「サイバデリアドットネット」の英語版を公開しました。


http://english.cyberdelia.net/

僕は今までに40サイト以上Webデザインしてきたのですが、今年中に50サイトを越えるように目標を立てたので、月に1サイトずつ作れば目標を達成できると考えました。

でもネタがそんなにあるわけではないので、とりあえず今まで作ったWebサイトの英語版を作ればいいと思いつきました。

だけど既に作ったWebページのメンテナンスやコンテンツの充実も視野に入れたいです。

Xcode7+iOS9でiTunesConnectに登録できないエラー

先日公開された「iOS9」向けにアプリを開発するには「Xcode7」をインストールする必要があります。

それだけならいいのですが「iTunes Connect」に登録する際にエラーが出て失敗します。

実機でデバッグする際に以下のような警告が出ます。

「All interface orientations must be supported unless the app requires full screen.」
「A launch storyboard or xib must be provided unless the app requires full screen.」

恐らくiOS9から2つのアプリを同時に2画面で表示できるようになったり、インターフェースの向きに対して全てサポートされなければならないので、そのコーディングをする必要があるのだと思います。
まあそれは面倒なので警告文にも書かれている通り、以下の画像の赤丸の「Requires full screen」をチェックして1つのアプリを全画面表示だけにしたら解決しました。

Xcode

ハイブリッドアプリでスクロールさせないページでソフトキーボードの問題

CordovaなどでiOS向けにハイブリッドアプリを作っていてソフトキーボードの問題がありました。
HTML5アプリをスクロールしないように作っていた場合に、ソフトウェアキーボードが出てくると勝手に下にスクロールして元に戻せなくなります。
そこでエディットボックスなどで編集を不可能にすれば、ソフトキーボードが出現しなくなりました。

例えば以下のように記述します。

<input type=”text” readonly>

「readonly」は「読み出し専用指定」で、他に「disabled」の「選択不能指定」もあるようです。

VisualStudio2015のC++でWin・iOS・AndroidをCrossPlatform

Visual Studio 2015のC++言語で、「Universal Windows Platform (UWP)」「Android」「iOS」の3つのプラットフォームに、OpenGL ES 2でクロスプラットフォームできるプロジェクトテンプレートが公開されています。
http://blogs.msdn.com/b/vcblog/archive/2015/07/30/cross-platform-code-sharing-with-visual-c.aspx

ただし、まだ64bit対応していません。
iOSでは32ビットと64ビットの両方に対応している必要があります。そうしないとappストアに申請できません。

またこの3つのプラットフォームに対応したサウンドライブラリが、OpenSLでいいのか?何がいいのか?わかりません。

CORDOVAなどiOS8でUIWebViewのバグ

HTML5アプリをスマホアプリに変換するハイブリッドアプリツール「Cordova」などからiOS8に書き出した場合などに、実機で実行する際に落ちるバグがあります。
原因はUIWebViewにあり、iOS8から新たにWKWebViewが出たのでそれを使えば解決します。
ただ現在のところCordovaからはUIWebViewに書き出すので、他の解決方法もあります。
Animationsを使わないのなら、Controllerファイルのinitメソッドで、
[UIView setAnimationsEnabled:NO];
を追加しただけで解決しました。